専業主婦でも利用できるカードローンの銀行の選び方

2010年より貸金業法が改正された影響で、収入を得ていない専業主婦の場合はカードローンの利用がかなり難しくなっています。たとえばアコムやプロミスといった消費者金融でキャッシングを利用することはほぼ不可能となっており、こうしたところで専業主婦の人がカードローン利用はできません。

 

そこで有力候補となるのが、銀行のカードローンです。銀行のカードローンでは、融資を行う際に銀行法という法律で運営していますので

 

貸金業法で規制されるカードローンには当たらないという特徴

 

があります。とはいえ、どこの銀行でも専業主婦カードローンが利用できるというわけではありません。また、実際にカードローンを利用する場合であってもどこでも良いという選び方は避けた方が良いでしょう。

 

専業主婦の人がカードローンを利用するための銀行を選ぶ基準としては、ひとつは「金利」です。銀行カードローンの場合、消費者金融業者などがよく行っている「無利息キャンペーン」などのサービスは基本的には行っていない場合がほとんどです。そのため、カードローンを利用するにあたっては

 

できるだけ低金利で融資を受けられるところを探すのが基本

 

となります。専業主婦は収入がありませんので、返済を少しでも楽にしたいということであれば低金利のところを選ぶのは最重要項目といえるかもしれません。次に確認しておきたいのが、その銀行で口座を作る必要があるのかどうかという点です。

 

銀行カードローンの場合、その銀行に口座を持っていないと利用できないというケースもありますので、口座を作らなければならない場合にはカードローン以外のメリットも考慮する必要があります。

 

特にカードローンでしか利用しないということであれば、敢えて銀行口座を別に作る必要はありませんし、逆にカードローンのお金の管理を確実にしたいということであれば、口座を作っても良いでしょう。

 

ですから専業主婦 キャッシングを利用できるのが銀行だけにほぼ限定されていることから、そこからの絞込も重要といえます。